Jリーグのストリーミングでネット観戦 with WiFi

2019年2月26日

Jリーグの試合が2019年2月からスタートになります。

今年はイニエスタやトーレスに加え、ジャビも加わり益々盛り上がりを見せるJリーグ。

インターネットでストリーミング再生をするなら、それに耐えられるインターネット回線が必要になります。

無料視聴する方法

安全に無料視聴する方法はDAZNの無料視聴サービスです。

1カ月間は無料視聴ができるので、2月の開幕日に登録すれば1カ月間は見る事ができます。

https://watch.dazn.com/ja-JP/sports/

タイムシフト視聴も可能で見逃しても安心です。

一部選手の特別インタビュー動画もあるので、コンテンツの盛り上がりも十分です。

WiMAX2+かギガモンスターがおすすめ

Jリーグの試合は長丁場です。2時間の放送時間があります。

DAZNの画質は通信環境によって変化するので、通信速度が速ければ快適で高画質視聴が可能です。ただしその分パケット消費量は増えてしまいます。

スマートフォン視聴も可能ですが、1カ月4試合ですからギガ不足に陥るのは確実です。

せっかくDAZNに契約しても、速度制限にかかると意味がありません。

WiMAX2+

WiMAX2+は3日間で10GBの制限があるものの、月間上限は無いのでJリーグの試合と非常に相性が良いサービスです。

試合は基本的に土曜か日曜です。過密日程で水曜日に開催される場合もありますが、3日間は間が空きます。日曜開催であっても水曜日まで使わなければ水曜日の試合も問題なく視聴できます。

1試合は大体1GB~5GBまでを見積もっておく必要があるので、WiMAX2+はDAZNの視聴を乗り切る事ができます。

水曜日に試合がない週には、タイムシフト視聴やライバルチームの研究も可能です。

ウルトラギガモンスター

ソフトバンクの端末プランで話題なのがウルトラギガモンスターです。

1カ月あたりの容量が50GBで6000円で利用できます。

料金的にはWiMAXより高いですが、これでもDAZN視聴は乗り切る事ができます。

Jリーグの試合だけが目的な人のWi-Fi

WiMAX2+でJリーグ視聴におすすめなのは@niftyです。

https://lowcostwifi.club/?p=4419