WiMAX W06発売!最安値や性能は?

W06 ホワイト

W06が2019年1月25日、1ギガビットを大きく超えて1.2Gbps!

早速W06の気になる部分を見ていきましょう。

最安値情報を先取り!

最安値はGMOとくとくBB、キャッシュバックは現在なので、差し引き額が業界最安値! →GMOとくとくBBキャッシュバック

WiMAX機種を購入する場合、どの会社から買っても通信速度は変わりません。だから安い方が圧倒的に良いんです。

GMOグループは東京証券取引所 1部上場企業です。企業の信頼性はお墨付きだから安心です。

W06のスペック

w06のスペック

W06のスペックの特徴は何をおいても最大ダウンロード速度1.2Gbpsです。
※正しくは1237Mbpsです。1月25日現在、対象は東京都、埼玉県の一部エリアとなります。対象エリアは今後拡大予定とのことです。

この速度が仮に出た場合、YouTubeで10分の動画をダウンロードするのに1秒もかかりません。そのくらいの爆速です。

これはハイスピードプラスエリアモードでハイパフォーマンスモードにし、さらにUSB接続をする必要があります。

ハイスピードプラスエリアモードは月7GBが上限になるので、爆速だからと利用のしすぎにはご注意ください。

通常のハイスピードモードでも最大558Mbpsなので、これでも十二分に速い速度です。

バッテリーはほぼ現状維持

バッテリーについては特に大きく変化したとは言いづらいです。ただハイスピードモード(通常利用の無制限モード)での通常モードが9時間。速度重視のハイパフォーマンスモードでも7時間10分使えるので、多くの場合は問題ないでしょう。

W05でもさほど大きなクレームも見当たりませんでしたから、この点は心配する必要はなさそうです。

ビームフォーミング機能で受信約20%向上!

電波強度が中・低度のエリア、つまり電波があまり届きにくいエリアでの通信では、安定性を向上させるアンテナが利用されています。

W05に比べて電波が弱いエリアでの受信速度が約20%向上しています。

ルーターから離れていても電波が届きやすいという事ですね。

W06の電波強度

工事不要で簡単インターネット

モバイルwifiルーターは充電するだけでWi-Fiが使えるようになります。

充電はコンセントでもUSBでも可能です。

固定回線のインターネットと違い、工事の必要もないので届いたらすぐに使えます。一人暮らしの女性や働いていて時間が無い人に重宝されているルーターです。

注意すべき点

モバイルwifiルーターは携帯電話の電波を利用しています。電波のエリアによっては速度が十分に出ない可能性もあります。

また、最大1.2GbpsはUSB接続の理論値です。Wi-Fi接続時は最大867 Mbpsです。  電波が弱い場所や、圏外では繋がらない場合があります。

速度が出ない場合は?

購入後すぐであれば返品が可能です。ただし返送費などかかるので、どうにも不安な場合は、UQ WiMAXのサイトからTry WiMAXを利用すれば、ルーターを無料レンタルすることが出来ます。

W06自体のTry WiMAXはありませんが、前機種のW05と劇的に変わる事もありませんので、自宅環境や職場環境など使用したい地域での測定はW05を利用する方法がベターです。

既に購入している場合、またレンタルするほどでもない場合、置き場所を変える事で対応できます。

少しずらしてみる、高さを少し変えてみるだけでも変わります。

有線接続せずにwifiで利用するだけの場合は、隣の部屋に置くなど少し離れた場所においても速度はあまり落ちない場合があります。

周囲に障害物を置かない、本体を傾けたり横にしてみる、などでも速度が変わります。

最安値はGMOとくとくBB

最安値はGMOとくとくBB、キャッシュバックは現在なので、差し引き額が業界最安値! →GMOとくとくBBキャッシュバック

WiMAX購入

Posted by kagami