WiMAX HOME L02 発売!最安値や性能は?

2019年7月3日

ホームルーターもついに1ギガビット超え。HOME L02の気になる部分を見ていきましょう。

WiMAX HOME L02
HOME L02のおすすめポイント

最安値情報を先取り!

最安値はGMOとくとくBB、キャッシュバックは現在なので、差し引き額が業界最安値!

→GMOとくとくBBキャッシュバック

キャッシュバックを加えると、UQ WiMAXの公式サイトから購入するよりも4万円近くお得!

回線は同じなので安い方が圧倒的に有利です。

GMOグループは東京証券取引所 1部上場企業です。企業の信頼性はお墨付きだから安心ですね!

>GMOグループをもっと知りたい(当サイト別ページへ)

HOME L02のスペック

L02スペック

際立つのは、やはりダウンロード最大1,000Mbpsの最高速度です。

ハイスピードプラスエリアモードで有線接続した場合の理論値ですが、この速度が出る環境ならば国内のほとんどの固定回線よりも早い速度です。

ハイスピードプラスエリアモードなので最大7GB/月の制限があるので注意が必要ですが、通常利用のハイスピードモードでも558Mbpsと、やはり固定回線に負けないほどの速度域なので魅力的です。

4K動画や8K動画も視聴できるように設計されたスペックです。

ビームフォーミング機能で受信約30%向上!

簡単に言えばホームルーターの中に4本アンテナが入っていて、あらゆる方面に電波を発信できるおかげで、今まで届きづらかった場所でも安定して通信できるようになる機能です。

Wi-Fi端末がある場所を特定し、重点的に電波を送る事ができるので安定性がアップするんですね。

L01sの機種と比べて約30%向上という事なので、HOME 01との比較ではありません。

ビームフォーミング

工事不要で簡単インターネット

ホームルーターは工事不要です。

コンセントにつなぐだけでWi-Fiを使う事ができます。

工事の立ち合いが必要ないので、工事まで待つ必要も、知らない人と立ち会う必要もありません。

設定もスマートフォンの専用アプリから可能です。

注意すべき点

ホームルーターと言っても電波を受信して通信するので、設置する場所の電波によって速度が変わります。

電波が弱い場所や、圏外では繋がらない場合があります。

ハイスピードプラスエリアモードの最大速度は、2019年1月25日時点では、東京都、埼玉県の一部エリアでのみ提供となっており、その他の地域は順次対応となります。

モバイルwifiとどっちがいいの?

ホームルーターはコンセントが必要です。モバイルwifiはどこでも持ち歩くことが出来ます。

ホームルーターはモバイルWi-Fiよりも電波を受信しやすい傾向があります。

家の中で使う場合はホームルーターのほうが良いでしょう。

速度が出ない場合は?

購入後すぐであれば返品が可能です。ただし返送費などかかるので、どうにも不安な場合は、UQ WiMAXのサイトからTry WiMAXを利用すれば、ホームルーターを無料レンタルすることが出来ます。

既に購入した場合、またレンタルするほどでもない場合、置き場所を変える事で対応できます。

少しずらしてみる、高さを少し変えてみるだけでも変わります。

有線接続せずにwifiで利用するだけの場合は、隣の部屋に置くなど少し離れた場所においても速度はあまり落ちない場合があります。

周囲に障害物を置かない、本体を傾けたり横にしてみる、などでも速度が変わります。

最安値はGMOとくとくBB

最安値はGMOとくとくBB、キャッシュバックは現在なので、差し引き額が業界最安値!

→GMOとくとくBBキャッシュバック