ハイスピードプラスエリアモードに間違えた場合どうなる?

WiMAX機種のハイスピードプラスエリアモード。高速通信が可能になるこのモード、間違えて設定になった場合どうなるの?と不安になる方もいますよね。

3年契約なら間違えて切り替えても追加料金はかかりません

3年契約を結んでいる場合、間違えて切り替えしても追加料金はかかりません。

また、auユーザーでWiMAX機種を割引してもらっている方も追加料金はかかりません。(auスマートバリューmine加入者)

2年契約者とレンタル契約者は追加料金がかかる

2年契約になっている方と、レンタルしている方は追加料金がかかります。

レンタル会社の中には追加料金を取らないところもあるので、しっかり確認しておきましょう。

設定すれば使わなくても料金がかかります

画面操作を誤ってしまい、ハイスピードプラスエリアモードになった。

でも1度も使わずに戻したけどどうだろう?

これ、残念ながら料金がかかります。

設定上一瞬でもプラスエリアモードになれば、1005円(税別)が発生します。

2回目以降はどうなるの?

ハイスピードプラスエリアモードにして戻したけど、やっぱりまた使う場合は、またお金取られるの?と思う方、ご安心ください。

1カ月あたり1005円(税別)なので、何度接続しても料金がそれ以上高くなる事はありません。

間違えてハイスピードプラスエリアモードにしてしまった場合、その月は仕方ないので使い倒すことを考えるのも良いかもしれません。

上限は7GB/月

ハイスピードプラスエリアモードに間違えて設定している事に気づいたら、とりあえず元に戻しましょう。

間違えた状態で使い過ぎてしまい、7GBを超えた場合、どのモードに変更しようとも月末まで128kbpsに速度が制限されてしまいます。

これはもう何をどうしても通信制限がとれることは無いので、使い過ぎにはくれぐれもご注意ください。

月間累計で7GBまで

1カ月間のハイスピードプラスエリアモードの全容量が7GBまでとなっています。

消費量はモードを変更してもリセットされません。

ハイスピードプラスエリアモードで6.9GB使ったとしても、ハイスピードモード(通常モード)に戻せば無制限で使えるようになります。

あくまでもハイスピードプラスエリアモードについては7GBまで、となっています。

ハイスピードプラスエリアモードの仕組みについて