UQ WiMAX機種を2年ほど使いたい

WiMAX機種を2年ほど使いたいが、レンタルするのは嫌。

そんな時に選ぶプロバイダはどこと契約するほうがお得なのか計算しました。

基本的には3年契約となるので途中解約を踏まえて最安値を紹介します。

途中解約すると高い!という固定概念を取り払って読むと、新しいお得さが見えてきます。

2年以内の利用なら@niftyが安い

2年以内のWiMAX利用は@niftyがおすすめ

2年間くらい使いたいが2年継続するかどうか分からない。そんな時には@nifty WiMAXをおすすめします。

解約手数料を支払ったとしてもお得に利用できます。途中解約をするとはいえ、契約自体は3年間なので、ハイスピードプラスエリアモードが無料で利用できるので、東京都や愛知県、大阪府での利用なら活躍の機会が多いと思います。

仮に2年間続けてみたけれども、やはり3年間使いたい、という場合でも@niftyはGMOとくとくBBの月額割引プランよりやや上回る程度。3年間利用したとしても非常にお得なのが実は@niftyです。

下の表は、その月で辞めた場合の、解約手数料を含めた総額から月額平均を出したものです。

例えば@niftyで24カ月目に辞めた場合、それまでの通信費に加え、解約手数料14,500円を支払ったとした場合、1カ月当たり3602円で利用できた計算になる、という事が読み取れます。

特に16カ月目以内ならレンタルするよりお得!

特に16カ月目以内での解約をした場合は、レンタルの月額ラインとなる3300円より安い金額で利用ができます。

もちろんそれ以上を利用した場合でも、ハイスピードプラスエリアモードが無料で利用できる事を考えれば決して高くありません。

キャッシュバックが早い段階で受け取れるので、お得な期間がずっと続く@niftyは実は優良案件と言えるわけです。

WiMAX2年までの利用最安値級はココ
@niftyは最安値キャンペーン中
キャッシュバック
5カ月目でキャッシュバック!
半年利用は反則級の安さ!

2年以上を利用するならGMOとくとくBBがお得

GMOとくとくBBが2年以上利用

先ほどの表によれば、25カ月目からGMOとくとくBBのほうが安くなっている事が分かります。

これは24カ月目までは24,500円だった解約手数料が、25カ月目からは9500円に引き下げられるためです。

そのため、2年以上から3年の満了月まではGMOとくとくBBがお得になると言えます。

ただ当然ながらこれはキャッシュバックが受け取れてこその話です。キャッシュバックが受け取れない場合にはUQ Wimax公式から購入するときと変わらない状況になるので、絶対に受け取りミスが無いように計画立てておきましょう。

スマートフォンのカレンダーアプリを利用する方法が一番確実な方法です。