UQ WiMAX機種を半年ほど使いたい

2019年2月2日

WiMAX機種を半年ほど使いたいが、レンタルするのは嫌。そんな時に選ぶプロバイダはどこと契約するほうがお得なのか計算しました。

基本契約は2年か3年しかないWiMAXの購入プランなので、半年ほどの利用の場合は途中解約をすることが必要となるので、その前提で説明します。

9カ月目でキャッシュバックされる@niftyが最安値

@niftyのキャンペーンは9カ月目でキャッシュバックが受け取れます。

機器発送月を含む9カ月目でのキャッシュバックは業界最速です。

WiMAX半年利用の最安値級はココ
@niftyは最安値キャンペーン中
キャッシュバック
9カ月目でキャッシュバック!
半年利用は反則級の安さ!

@nifty キャッシュバックについて

@niftyのキャッシュバックは機器発送月を含む9カ月目にキャッシュバックされます。

受け取りには@niftyに登録して作られるマイページから受け取り口座情報を期日までに登録する必要があります。

入会月を含む4カ月目に案内メールが届き、口座登録を完了させれば9カ月目に振り込まれる仕組みです。

4カ月目に案内メールが届きますが、実際には契約から数日後にはキャッシュバック受け取りの口座登録ができるように設定されています。(画像参照)

そのため契約後すぐに登録しておけば、貰い忘れは起こりません

また、1度目で振り込みができなかった場合、翌月に再度振り込みが実施されるので登録間違いがあっても心配は無用です。

キャッシュバックの条件

キャッシュバックの条件は、簡単に言えばキャッシュバックの受け取りの日まで解約せずに続けている事です。

また、同キャンペーンを過去に申し込んだことがある場合には受けられない可能性があります。

ただし、過去に利用した事がある方でも、利用状況によって可能な場合もあるとのことなので、心当たりがある場合はサポートセンターに問い合わせください。

@niftyの解約手数料は半年では19,000円

半年ほどの利用では19,000円の解約手数料が発生します。

キャッシュバックを受け取れば、この解約手数料分は相殺することができるので、半年ほどの利用は@niftyが最もお得に利用できるプロバイダとなります。

月々の支払いは?

niftyの条件を確認しましょう。

@niftyのWiMAX機種月々の支払額

本体価格は1円(クレードル別途)、事務手数料は3,000円です。

@niftyは、利用開始の翌月からnifty会員費が250円/月が必要となります。

入会月の翌月を1カ月目として、4カ月目から12カ月目までの期間で、それぞれ解約した場合の実質負担額は下記のようになります。

この表の「累計負担額」は、その月までに支払った通信費・事務手数料・本体代から、キャッシュバックを引いた価格です。

この表の「実質負担額」は、その月で辞めるまでにいくら必要かという数字です。

表では、キャッシュバックを受け取った 9カ月目なら、解約しても月々実質3,000円以下で利用できることになる、ということが分かります。

3300円以下の範囲ならレンタルするよりもお得にWiMAXを利用できる方法として有効です。

3年間使用しても大丈夫!お得な@nifty

上の表は入会月の翌月を1カ月目として、36カ月目までを契約期間とし、36カ月目の月末で退会した場合の料金です。

3年間継続して利用しても、決して損することが無いので、半年間使ってみて、やはり継続したいと思った場合でも問題ありません。

WiMAX半年利用の最安値級はココ
@niftyは最安値キャンペーン中
キャッシュバック
9カ月目でキャッシュバック!
半年利用は反則級の安さ!