モバイルWiFiルーター周波数、2.4GHz帯と5GHz帯の違いは何?

前回の記事で2.4GHz帯よりも5GHz帯のほうが圧倒的スピードだという事が判明しましたが、そもそも違いって何でしょう?

2.4GHz帯と5GHz帯の違いは以下の通りです。

2.4GHz帯は壁を越えて遠くまで届くが…

2.4GHzは障害物があっても遠くまで届く性質があります。壁を超えて、1階から2階へも届きやすいのが2.4GHzです。

ただし、多くの電子機器が2.4GHz帯を利用しているため、それぞれが干渉しあい、Wi-Fiが思っている以上に速度が出ない場合があります。

5GHz帯は速度が速いが障害物に弱い

5GHz帯は2.4GHz帯に比べて高速通信が可能です。wifi以外に利用されることの少ない周波数なので、他の電子機器の影響を受けにくく、スムーズに通信ができます。

しかし、壁などの障害物で電波が遮られやすく、また遠くに届きづらいという性質があります。

2.4GHz帯はしっかり通信、5GHz帯は高速通信だが…

環境によって差はありますが、一般的に2.4GHzのほうが安定して通信が出来ます。5GHzは高速通信が可能で、同じ部屋にwifiルーターがあるなら2.4GHzよりも使い勝手が良いでしょう。

ルーターが隣の部屋にある程度ならば5GHzでも通信が可能な事がほとんどですし、マンションなど集合住宅では2.4GHz帯の電化製品で混雑しているせいで速度が出ず、5Ghzにしたら爆速になった、という声は絶えません。

5GHz帯を使う時の注意点

例えばW05では次のような画面が表示されます。

ご注意

・ご利用のWi-Fi対応機器がWi-Fi5GHz帯に対応しているかご確認ください。

・本端末では、Wi-Fi5GHz帯と2.4GHz帯で同時に接続することはできません。

・Wi-Fi5GHz帯は電波法により、W56チャンネルは屋外でご利用になれますが、W52/W53のチャンネルは屋外でのご利用が禁止されています。画面に が表示されている際は屋内でご利用ください。

・本端末は電波法によりDFS機能を搭載しています。DFS機能は気象レーダー等との電波干渉を避けるため、約1分間電波をサーチします。その間は通信が出来ません。DFSチェック結果によっては、さらに時間がかかる事があります。

チャンネルの変更ですがW05の5GHzはチャンネル設定が自動になっています。

使用する際には、5GHzに切り替えたら1分間は通信できないという事と、家のマークが表示されている場合は屋内での利用にとどめる、という事を気をつければ大丈夫です。

基本的には5GHzのほうが速度が速いのは実地調査からも明らかなので、Wi-Fiが遅いときには5GHzを使うようにしてみてください。

https://lowcostwifi.club/?p=3667