就職活動の情報収集や移動にはモバイルWi-Fiが役に立つ

就職活動は長い戦いになります。早々に内定がもらえても、1次試験から5次面接まであったりすると、1カ月2カ月は見ておかなければなりません。

その間にもし、あなたの携帯のパケットが上限に到達しても、大丈夫でしょうか。

就職活動は慣れない土地への移動が必要になります。当然電車の乗り継ぎ方や、面接会場、説明会会場までの道順、最寄りの喫茶店などを調べる必要も出てくるでしょう。

場合によっては合同説明会でQRコードを表示させたり、エントリーシートをその場で入力などというケースも出てきます。

そんな時にもしパケット通信制限で表示できなかったり、送信エラーが出たら、冷静に対応できるでしょうか。

意外と多い、就職活動でのネット利用

就職活動ではネット利用をする機会が思いのほかあります。企業の会社情報を見たり、現場までの道を調べたり、面接のマナーや対策サイトの巡回なども必要になります。

これが1社だけでなく、複数社同時進行しながら行動しなければならないので、例年パケット上限に達してしまう人が続出します。(ストレス発散で動画視聴なども増えるためでもありますが。)

こうした長期間にわたるネット利用をトラブルなくやり過ごすには、モバイルWi-Fiは有効です。またできれば購入しておきたいところです。というのも、内定が出てから実際に就職するために転居が必要になった場合、転居先のインターネット回線を引くまでの空白期間ができてしまうためです。

新入社員になってすぐに申し込んだとしても1カ月近く先にしか固定回線の工事日が設定できません。そのため、就職活動中から就職した後までを考えてモバイルWi-Fiは購入しておくほうがお得になります。

就職活動でのパケット上限はまさに命とりになるので、保険の意味も込めてモバイルWi-Fiを導入しておきましょう。