外回り営業をする法人におすすめのモバイルwifiプロバイダ

2019年7月3日

フリーランスや個人事業主、法人におすすめするプロバイダは個人におすすめするものと少し異なってきます。繋がりやすさを最重要視する必要があるからです。

法人のモバイルwifi契約で重要なポイントを精査する

法人が企業でモバイルwifiを使うシーンという事は、今では珍しくありません。

お客様のご自宅で提案をしなければならない場合
顧客と現場でパソコンを見ながら打ち合わせをする場合
営業先でのプレゼンテーション
出張先から会社へのメール連絡などなど。

そのため、社外でつながらない、使えないという点は最も避けるべき要素になります。

業界トップの安定感 docomo回線がおすすめ!

2018年12月、ソフトバンクの大規模障害は記憶に新しいと思います。その1週間後にはau/wimax回線がおよそ26時間にわたり通信障害が起きていました。

全く通信障害が無かったのはdocomo回線だけという事になります。

法人が勤務中に、インターネットにつながらない、という事は極めて避けたい事ですよね。そこでおすすめとなるのがdocomo Xi電波を使ったプロバイダです。

docomo回線のおすすめモバイルwifi

docomo回線を長期契約したい場合はC mobileがおすすめです。

月間5GBまでの制限なら2,800円で利用できます。営業先から画像や動画を送る場合は、月間無制限の3,600円コースがおすすめです。

docomoショップで契約するモバイルルーターは、端末は超高速ですがパケット通信量と価格のバランスが悪く、費用がかさんでしまうことになります。

3日間の合計が2GB以上で速度制限がかかりますが、2GBを下回れば解除されます。

上限5GBまでのプランは激安月額2,800円!

法人契約も可能で、月額3,600円はdocomo回線を使う購入プランの中では業界最安級の価格です。

docomo回線は各キャリアの中でも高い安定性を誇り、広範囲で使用できるので、外回りでも頼りになるモバイルwifiルーターです。

FS030Wはバッテリー持ちが凄い

Wi-Fi利用時最大20時間。Bluetooth利用時は最大24時間の長時間使用が可能になる、docomo対応ルーターの中でも特にバッテリー持ちの良い機種です。

たとえ担当者が1日充電を忘れたとしても、電源が切れることはありません。

気になる速度は上りも下りも最大150Mbps。YouTube動画視聴が10Mbpsもあれば十分なので、この速度は全く問題ではありません。それどころか送信側も150Mbpsの速度が出るのは、現在の最新機種よりも優れたものなので、外回りで撮影した画像や動画も、現地から送信することに問題は生じないでしょう。

申し込みとキャンペーン情報

キャンペーンでキャッシュバックがありますが、パソコンやタブレットと同時申込、または友人紹介でもらえるものです。

ただ残念ながらパソコンもタブレットも料金的におすすめできませんので、必要な場合は別から調達されるほうが後悔されないと思います。

docomo回線としては条件が非常に良いので、在庫切れになる前にご契約されますことをおすすめします。