「価格コム」や「Amazon」のレビューに惑わされないで!Wi-Fiのレビューは正しい知識で見極め!

Wi-Fiのレビューを信じるには正しい知識が必要

価格コムやAmazonではモバイルWi-Fiルーターやホームルーターのレビューを見る事が出来ます。

初めて契約する人にとっては、とても参考になる情報が満載。ですが正しい知識が無ければ、本当は良い商品なのに選び損ねたり、本当は良くないのに選んでしまうことが起きてしまいます。

速度が速い・遅いは参考にならない

よくあるレビューが「まったく速度が出ない」「平日の昼間なのに1Mbpsしかでない」といった速度に関するレビューです。

モバイルWi-Fiルーターやホームルーターの電波は、携帯電話と同じように電波をとらえてインターネットに接続しています。携帯電話の電波は場所によって圏外もあれば、サクサク動く事もありますよね。たとえ街の中心部でも高層階やビルの密集地だと電波が悪いというのは誰しも経験があると思います。

レビューをしている人が「まったく速度が出ない」と言っていても、実は電波が届きにくい場所であったり、高層階に住んでいる場合かもしれません。電波環境が分からない以上、「ルーターが速い・遅い」はあまり参考にならないレビューです。

また「昼間なのに1Mbpsしかでない」といった速度制限に関しても同様で、周囲に利用者が多い環境だとどうしても低速になります。都市部なのに東京駅周辺では速度が遅いのはこのせいでもあります。そのため18時や19時からの時間帯は混雑するという場所は多いですし、平日の昼間であっても使う場所によって速度制限がかかる事は考えられない事ではありません。これは固定回線でも同じ事が言えます。

参考にできるレビュー

逆に速度に関して参考にできるものは、似たような体験を複数のユーザーが投稿している場合や、定期的な観測を実施しているユーザーの投稿です。

例えば2018年12月5日現在において、ソフトバンクairは速度の幅が大きいというレビューが複数寄せられています。電波塔との距離なども影響しますし、室内のどの場所に置くかによっても異なるものの、多くのユーザーが19時以降がつながりづらい、という声を投稿している事は信ぴょう性に足るものと判断することが出来ます。

またWiMAXのWX04の機種の初期不良に関しても、口コミサイトやSNSで多く報告が寄せられていました。こうした不特定多数のレビューは同様の環境になる可能性が高いといえるので注意してかかる必要があります。

電波状況は実際使用するまで分からない

どのキャリアも、地図で電波環境についてある程度教えてくれています。ですが電波は障害物を通り抜ける事が苦手な性質を持っているので、周辺の建物や外壁の状況などによって大きく誤差が生じてしまいます。

実際に使用するまで快適かどうかが分からないのは難点ですが、多くの企業では8日間~のキャンセル期間を設定してくれています。

使えない場合に返品するのは少し手間ですが、実際に使ってみて、自身の環境で快適かどうかを試してみる事はとても大事な事です。

レビューは散々だったのに使ってみると便利だったり、レビューは満足が多いのに全く使えなかったりというのは、モバイルWi-Fiルーターに限らず言える事ですから、迷っている場合にはこのキャンセル制度をフル活用して失敗しないルーター選びを実施してみてください。

UQ WiMAXではTRY WiMAXという無料貸し出し制度もあります。WiMAXの電波が自室にどう入っているか確認するための満足度の高い制度なので、積極的に利用してみてください。